The Great Suspenderで暑い夏を快適に

GoogleChromeブラウザの拡張The Great Suspenderを入れると使ってないタブを自動的にサスペンド(一時停止)状態にするのでCPUやメモリの消費が抑えられますよ。

私が住んでいるベトナム中部の都市ダナンは一年の殆どが気温30度超あり、日本から見ると常夏という表現がぴったり来るようなビーチリゾートとなります。

家から一番近いMyKheビーチ沿いの道

そんなところに住んでいながら、ほぼ一日中エアコンの効いた部屋でコンピュータの前に座って仕事している生活をしています。

最近は調べ物から開発から息抜きまでみんなWebブラウザのお世話になっていますのでふと気づくと20個以上タブが開いている事もザラです。もちろん、それぞれのタブは動作していますのでCPUもメモリも使います。CPUの利用率が上がって温度が上がると冷却のためのファンが動き出します。このあたりで「ああ、使ってないタブ閉じるか」とタブを始末し始める・・・・こんな日常でした。

先日、Twitterをみてたら、ふとThe Great SuspenderというChrome拡張を紹介している方が居てなんとなくインストールしてみたところこれがなかなかいい感じでタブの動作を止めてくれる。原理的には簡単で、タブが一定時間表示されていないと別の静的なページに置き換わるというもの。復帰もキー一つもしくクリックで復帰可能です。とても簡単。

更にサスペンド前にスクリーンキャプチャを撮って表示してくれる機能があって、これによってサスペンドから復帰しなくても内容を読むことがでるので、ネットワーク不安定なベトナムでは地味にこれが便利だったりします。

スクリーンキャプチャの設定

単機能のツールなので、難しいことはありません。使えばすぐにわかるはず、今すぐThe Great Suspenderをインストールして暑い夏を乗り切りましょう!


ところでこの、The Great Suspenderソフトウェアの名称がなんかなぁと。今まで数々のソフトウェアに騙されてきたせいかInteliとかSmartとかそういった形容詞が頭の中で悪い印象に変換される様にひねくれて育ってしまいました。The Great Suspenderという名称を最初見たときの印象は「またか」という感じでしたが実際使ってみるとほんとにGreatなソフトウェアでいい感じで期待を裏切ってもらいました。

コメントを残す