スターアライアンス特典航空券をフル活用してヨーロッパ4都市周遊計画を練る

ベトナムは1月1日の太陽暦の正月ではなく、その後の旧正月(テト)を盛大に祝う。ダナンはこの時期、お店が閉まるので極端に生活しにくくなるためこの時期は毎年非旧正月文化圏へ移動することにしている。

今年はヨーロッパ・ドイツを中心に旅行を計画した。ANAのマイルを利用して、特典航空券発券可能なルートを探す。

続きを読む

バンコクの小額キャッシュレス事情がわからない

あけましておめでとうございます。

2019年ラストフライトでバンコクへ到着。

今年もダナンよりだいぶ都会のタイ・バンコクで年越し。今回8ヶ月ぶりにバンコク を訪れて感じたのは交通系電子マネーRabbitカード利用できる店舗が激減している?という事。とりあえずこの一年できた新しい店舗にはRabbitのリーダは確認できなかった。そのかわりQRコード決済が用意されていて、まずどこにも中国人観光客向けのWeChatPay・AliPayが必ず置いてある。

続きを読む

2019年最後のフライト

諸事情でギリギリまでどうするか悩んだが、やっぱり今年も年越しはバンコクで過ごすことにした。ダナン(DAD)からタイ バンコク スワンナプーム国際空港(BKK)までの直行便をバンコク エアウェイズで取る。DAD-BKKの直行便はバンコクエアウェイズとベトジェットが飛ばしている。バンコクのドンムアン空港(DMK)で良ければジェットスター・エアアジアも利用できる。今回は、スカイスキャナーで直行最安値で出てきたバンコク エアウェイズを選択。往復2万円位だった。

続きを読む

キャセイパシフィック航空の特典航空券で羽田からダナンへ 〜 その4 香港からダナンへ

香港で用事を済ませて、出国のため香港国際空港へ向かう。帰りも香港駅からAirport Expressを利用する。香港国際空港では、入場チェックをしていたので人だかりができていたが、チェックにかかった時間は5分ほどだった。

羽田ですでにチケットは発券されているので、出国ゲートへ直接向かう。

飛行機は、キャセイドラゴン航空のコードシェア便。ゲートはメインターミナルから遠い505番ゲート。早めにラウンジをでてゲートへ向かう。ゲートへ向かう途中で40分ほどの遅延の情報が入る。ゲート前で待つ間、近くの売店でお土産を見るなど過ごす。

お土産屋で見つけた。ソルテッドエッグチップのブームがここにも

そんなことしている間に搭乗が始まる。ダナンまでの飛行時間は2時間ほど、あっという間にダナンに到着。Grabで家路に着く。

キャセイパシフィック航空の特典航空券で羽田からダナンへ 〜 その2 羽田空港へ

キャセイパシフィック航空のマイルで特典航空券を発券して、香港の宿(HolidayInnExpress)をIHGリワードポイントで予約したところまでが前回。

自由が丘から陸路タクシーで羽田空港へ向かう。

続きを読む

キャセイパシフィック航空の特典航空券で羽田からダナンへ 〜 その1 旅の準備

訪日日程のいくつかが未消化のままタイムアップでベトナム・ダナンへ帰る。行きと同様に帰りもベトジェットエアで帰る手もあったが、帰りは荷物も多いのでキャセイパシフィック航空(CX)を使うことにした。

続きを読む

京都でタクシー配車アプリDiDi使ってみた

最近に毎月京都出張がある。今回も一泊だけの慌ただしい京都行き。京都のタクシーは高齢のドライバーが多く、未だに現金のみ(しかも1万円だすとお釣りがない)の個人タクシーも多い。京都駅などのタクシープールで待つとこのような個人タクシーに当たる事があり残念な思いをすることが度々あった。ところが、去年あたりから少し状況が変わってきたように思う。

続きを読む

ベトジェットエア ダナン-羽田便の感想

今回、2019年10月末に就航したばかりのベトジェットエアのダナン・羽田(DAD-HND)線を利用した。詳細は以下の記事にある通り。

だらだら書いてしまったのでまとめてみる

片道1万円の激安チケットはお得だったか?

同一路線が通常3万円以上することを考えても、ものすごくお得だと思う。このプロモーションがいつまで続くのかは気になるところ。

快適だったか?

まぁまぁ。今回はたまたま3列シートを占有できたので良かったが、座席間が狭いので長時間はきついかと思う。ダナン発では素晴らしいプライオリティパスラウンジがエアラインに関係なく利用でき、深夜羽田空港着というのは周辺施設を活用すれば全く苦にならない。ベトジェットエアの「機内サービスが全くない」というサービスも心地よかった。羽田空港での荷物の出の遅さはベトジェットエアのせいなのか、グランドサービスのせいなのかはよくわからない。

プライオリティサービスは?

無駄。今回ネタでつけたオプションのプライオリティサービス140kVND(700円)。ベトジェットエア自体もこのサービスをネタとして売っているとしか思えない扱いだった。基本的に気まずいずる込みサービス。バスゲートに優先搭乗つけるとかホントに冗談のようだった。


今回の搭乗で自分の中でベトジェットエアの評価はかなり上がった。ベトジェットエアは必ず遅延するというジンクスも今回に関してはなかった。何よりもダナン在住者としては直行便を就航してくれたことはとてもありがたい。願わくば航路維持のためにもベトナム人にもっと気軽に日本旅行を楽しんでもらえればなと思う。

祝 ダナン羽田直行便 開設 激安プロモーション中のベトジェットエアに乗ってみた 〜その4 到着降機編

約5時間のフライト。3列シートを占有してフルフラットで寛ぎながらでも5時間はやはり長い、前回の搭乗編はこちら

羽田空港に到着はほぼ定刻夜中の1時となった。顔認証自動化ゲートを通り、到着スタンプをもらう。このスタンプがないと免税での買い物が出来ない。ここまでは極めて順調。

ターンテーブルで預入荷物を待つ。待つこと30分漸く預け荷物を回収。税関を通って制限エリアを出る。ただいま。

さてこれからどうするか?深夜着なので電車は動いていない。タクシーで都内に帰るか、羽田空港周辺で朝まで過ごすか・・・・今回は、羽田空港から無料シャトルバスが利用できる天然温泉平和島で一晩過ごすことにした。次回、天然温泉平和島レポート。

祝 ダナン羽田直行便 開設 激安プロモーション中のベトジェットエアに乗ってみた 〜その3 搭乗編

チェックインでずる込みして、プライオリティパスラウンジで飯食ってる所までが前回

ラウンジで寛ぎつつも搭乗予定時刻が近づいてきたのでゲートへ向かう。今のところ遅れのアナウンスはない。ターミナルの一番端っこのゲートに近付くとなんか 新しいオブジェクトができてる。

ドラゴンブリッジの脇にある“鯉”の噴水のレプリカ

さて今回、遊び心でつけた優先チェックイン、140kVNDの価値はあるか否か?この答えは搭乗ゲートですぐに明らかになった。

なんとバスゲート⤵︎。優先でバスに乗っても何にも嬉しくない。

ゲートの前でしばらく待っているとバスへの案内が始まった、しかも優先搭乗レーンの案内なし。係のお兄さんに優先レーン何処?って聞いたらとても驚いてズル込みさせてくれた。ベトジェットエアのプライオリティとはズル込みさせてくれるサービスらしい笑

そんな感じで無事搭乗。三列席の窓側指定していたのでそこに着席。幸運にも隣2席も空きで、一人で3席繋げてフルフラットを実現。とても快適な機内。食事はおろか飲み物のサービスもないのでCAが慌ただしく動くことはないし、本当にゆっくりできる。エコノミーはこれでいいと思う。

飛行時間は約5時間。寝たり、たまに起きてiPadにため込んだKindleコミックを読んで過ごす。それでもやっぱり5時間は長かった。

到着降機編に続く